じぶんがおこなっている節水方法について

わたしは現在29歳の男性会社員をおこなっております。
じぶんは現在実家を出て会社の寮で一人暮らしをさせてもらっております。

一年前から一人暮らしを行いました。
恥ずかしい話しかもしれませんが、自分は光熱費などは両親のほうに全て任して合ったので、
光熱費の平均や常識的感覚があまりなく、気にしてもおりませんでした。それで会社の同僚を家にとめたときに、
光熱費の話しがあがり、自分が10000円ほど水道代がかかっていることを同僚に伝えると、「どういう使い方をしてるんだ!」
と怒られたことがありました。

同僚は月々5000円前後で水道代が納まっていることを言われて、
どういう節約をすればそれだけ抑えることができるのかといろいろと聞いてみました。
まずは自分が水の使用の割合を分析をしたほうがいいといわれて、そのまま一月ほどかけて分析をさせていただきました。

おそらくですが、自分は風呂が一番水を使用していることがわかりました。自分は湯船を無意識のうちに満タン近くまでして
しまうことがあり、それで自分が使ったときに、水があふれ出てしまいます。
どこの家庭でもこういった現象はあるかもしれませんが、これを節約することで、
月々の水道代を1000円から2000円は削ることができるといわれております。
つぎに節水シャワーヘッドに交換することを進められて実践をしました。

現在使用しているシャワーヘッドを節水タイプのシャワーヘッドに交換するだけで、
大きな水道代の節約に効果があるといわれております。

自分はあまり理解ができずに、同僚にいろいろと説明を受けました。
この仕組みは、シャワーの穴を小さくすることで、水道の使用量を約50%節水することができるらしく、
それだけでなく、少量の水圧でもシャワーヘッドを装着すれば水圧を強くすることができるみたいです。
節水シャワーヘッドは、シャワーヘッドに一時止水のスイッチがついているものを購入したほうがいいといわれ、
購入をおこないました。これにより、シャンプー時や体を洗っている時など、無駄に水を使用する事を避けれるので、
より水道代の節約になります。次に風呂の水代えの頻度でありますが、自分は一日一度は必ず、新しい水に変えていたので、
これも2日一度くらいにしろといわれ、実践を行いました。
自分としては少し抵抗がありましたが、実際に2日一度にしてもさほど変わらないことがわかったのでよかったです。

最後の節約方法ですが、水道の節約には、ゴムパッキンが通常の倍の厚みがある 節水コマという商品があるので、
こちらに代える事も同僚に進められました。
この仕組みは、水道を全開にしないようにしているだけのことですので、注意できる方は、節水コマの取り付けなど必要なく、
全開に水道を出さないようにすればいいだけの話だそうです。
普段キッチンで出している水の量より絞って水を出すように心がけるだけで、水道使用量は節約できるといわれました。
これらの話しを受けて、対策をおこなったのが、2ヶ月前です。

それまでは水道代は10000円前後かかっていたのですが、これらのことを実践することで、
先月の水道代の請求は7000円でありました。ほかにもトイレやキッチンなどの水の使い方も見直すことでさらに、
水道代を節約することができると同僚から言われたので、じぶんはこれからもいろいろと工夫をして、
水道代を節約していきたいと考えております。今回は同僚の話を聞くことができてほんとうによかったと思っております。

この事に気付いていなければ、年間の水道代は10万円以上かかっていたと思います。この節約方法を実践すれば、
年間の水道代は70000円~80000円に抑えることができるので本当によかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です