バジルの増やし方

種まきの時期を逃してしまったときは、市販の苗を購入して育てましょう。

鉢、またはプランターに鉢底石を入れます。
ハーブ用の培養土を7~8割入れます。
バジルの苗をポットから取り出し、鉢に植え付けます。
隙間に培養土を入れます。
土の表面を平にして、土が足りなかったら入れます。
植え付け時にたっぷりと水やりをしたら、
乾燥したら水をやるというペースを守りましょう。
日陰に3~4日おいた後、日当りのよい場所に移します。

バジルは挿し芽で増やすことも出来ます。
摘心などて摘んだバジルのさし穂を用意し、1時間ほど水につけます。
これを湿らせた挿し木用土(小粒の赤玉土でもかまいません)に挿します。
日陰に置き、根がでるまでは土を乾かさない様にします。
1~2週間して枝をさわってもぐらつかないなら充分根が出来てきますので植え替えます。

もっと簡単な方法としては、
カットした茎を水を入れたコップに挿して、太陽の当たる場所に置き、毎日水を取り替えます。すると1週間ほどすると水につかっている部分から根が生えてきます。数センチに根がなったら土に植え替えます。

バジルは簡単に増やすことが出来ますので、
摘心したものも捨てないでバジルの収穫量を増やしましょう。
クリーミュー オフィシャルサイト